料理教室を始めたきっかけ 4

子供が小さいころ、近所のママ友達と よく持ち寄りパーティをしていました。

元々作る事、喜んでもらう事が好きな私は、張り切って色んなものを作っていました。

レシピを聞かれたり、作り方を教えて~となり、そのうち 「お友達何人か集めるから、料理の講習会を開いて」という事になってきました。

 

材料費だけ頂いて ワイワイ楽しく…もちろんレシピも無し。ペチャクチャおしゃべりしながらみんなで作って あとは子供も皆揃って試食パーティ。といった雰囲気です。

が、これがまた楽しく、子供達も大喜びで、ママ達も喜んでくれて・・・本当に幸せなひと時でした。

今思えば、この時初めて人に感謝される・・・という事を味わったように感じます。

これが私にとって、何より幸せを感じる事。というのに その時はまだ気づいていませんでした。

 

が、自分の楽しみと言ったら、これくらい。

毎日子供中心の生活で、自分の時間は全くなく、〇〇ちゃんのお母さん、でしかない自分。

このまま ただ子育てに追われ、子供が大きくなった時、私にはいったい何が残るんだろう。

社会から隔離されたような気持ちで、漠然としたそんな不安がありました。

かと言って、子供がいる間は、大きくなるまでは何もできない。

半ばあきらめのような気持ちで、日々の忙しさに紛らわしながら ただ子供の成長だけが楽しみ、といったごく普通の主婦生活を送っていました。

 

 

コメントを残す