便利な調味料(?)つづきⅡ

昨日に引き続き。重曹のお話しです。

 

お風呂に入れて、毛穴の汚れも落としてくれる入浴剤。

アクセサリーなど、浸け置きでピカピカになる洗浄剤。

この使い方の応用として、メガネなんかの洗浄も良いと思います。

 

あと、お鍋やフライパンを真っ黒黒こげにしてしまった!!という場合。

この時ばかりは重曹の威力に敬意を払いたくなります。

 

焦げ付きをあらかた取ったら、それが浸るくらいの水と重曹を入れ(大さじ1杯くらい)

ついでにお酢も少々入れて火にかけます。

ふつふつ沸いてきたら火を止めてそのまま 手が入るくらい迄冷まします。

 

すると、何という事でしょう!

お焦げがふわふわ浮いてきて、軽くこするだけできれいに取れてしまいます。

汚れがこびりついてきたなぁ、なんて時も同様でお試し下さい。

 

ちなみに、アルミ製のお鍋には重曹はNGです。

重曹はアルカリ性なので、黒く変色してしまいます…。

アルミのお鍋の汚れには、クエン酸が良いです。

 

酸やアルカリ???……〇×?&%$#??

 

話がややこしくなってきたので、重曹に戻しますね。

重曹は 匂いを取ってくれる働きもあります。

電子レンジなど、匂いが気になる場合、耐熱の器に

カップ1杯ほどの水と重曹を大さじ1杯入れてチン!

そのまま10~20分ほど置いておくと、匂いが取れ、

しかも汚れも浮き上がるので、サッと拭けばこびりついた

汚れも取ってくれます。

あと、まな板の匂い消しには そのまま振りかけて

しばらく置いてすすぎます。

 

重曹マニア、ではないですが、お料理以外でも威力を発揮してくれる

食品添加物。

安全なので、色々活用したいですね。

 

おっと、肝心のお料理に活用する方法が抜けていました。

また明日、詳しくお伝えしますね。

 

 

 

 

 

コメントを残す