オリーブオイルの真実

オリーブオイル、といっても色々あって、どれがいいのか分からない…。

とりあえず、『Extra Virgin』 と書いてあったら安心。

 

という風に思っていませんか?

私も以前はそんな感じでした。

 

オリーブオイルはその風味だけでなく、身体に良い というイメージがありますよね。

 

ご存じかもしれませんが、オリーブオイルは ほぼオレイン酸からできており、

血液サラサラにしてくれたり、抗酸化作用があるのでアンチエイジング、

成人病の予防にもなる・・・という優れもの。

あと、お通じにも効果があります。

 

このため、サプリ替わりに毎日スプーン1杯のオリーブオイルを欠かさず飲んでいる。

という方もいらっしゃるそうなんです。

 

が、数年前…といっても随分前のお話ですが

オリーブオイル専門家による 『 食べ比べと見分け方 』というような講習を受けた事があり、

そこで衝撃的なお話を聞くことになりました。

 

『日本で売られているオリーブオイルの内、本物のエクストラバージンと呼べるものは

10パーセントも無いくらいです。』

 

え!?!?

『エクストラバージン、って書いてあるじゃん!』って思いませんか?

 

オリーブオイルの規格は世界ではとても厳しいものなのに、悲しいことに

日本では規格が独自のものらしく、そもそもエクストラと認定する基準が違います。

言ったもの勝ち 的に 「Extra Virgin」とラベリングされて

売られている、というような事も聞きました。

よく考えると、スーパーでもどこでも、見かけるオリーブオイルは ほとんど

「Extra Virgin」ですよね。

なので、この『Extra Virgin Olive Oil』を身体に良いから、という理由で

サプリ替わりにせっせと飲み続けると、身体に良いどころか、ただの

『おぶた』になりかねません。(笑)

 

ではどうやって本物を見分ければいいのか。

値段だけ判断できる とは限らないそうなのです。

安心なのは、オリーブオイル専門店に行って、そこで詳しい店員さんに聞く。

 

というのが 確実、という事でした。

 

が、これも、なかなか難しい…。

では自分で見分ける方法は?

 

 

また次回、オリーブオイルの知識なども含めてお伝えしていきますね。

 

 

 

 

コメントを残す