野菜の保存方法

これからジメジメした季節になりますね。

食べ物が腐りやすくなる時期なので、

食材の保存にも気を遣います。

買ってきた野菜、使い切れなかった野菜等…

たいていは野菜室、または冷蔵庫に入れますよね。

 

でも待った! 冷蔵庫神話、は通用しません。(笑)

『冷蔵庫神話』とは、

「なんでも冷蔵庫に入れておくと大丈夫」

という変な安心感の事を言います。

 

特に野菜は 元々の環境と同じようにしてあげるのが良いのです。

元々の環境とは、育った状態に近づける

という事です。

原理さえ分かれば なんとなく想像つきますよね?

 

暑い時期に採れる野菜、きゅうりやトマト、

ナス等は 冷やしすぎ厳禁です。

温暖な地域で摂れるさつま芋も寒い所が苦手です。

これらは 常温保存しましょう。

ただ、常温と言っても15~20℃くらい。

最近は 真夏など、ひどい時は部屋の中が

40℃近くなったりしますよね。

これはもっての他。 とても常温とは言えません。

温室です、低温調理器です(笑)

こんな時はさすがに野菜室か、野菜室がない場合は

新聞紙厚めに包んで できるだけ冷気に充てないようにして保存して下さい。

 

葉物野菜は出来るだけ立てた状態で。

にんじんもそうですね。(土に植わっている状態)

三つ葉は根っこの所にスポンジがついているので、そこに少し水を含ませます。

袋のまま冷蔵庫のドアポケットに吊るすように 

上段にクリップで袋をはさんでおきます。

キャベツやレタスは 芯をくり抜いて そこに

湿らせたキッチンペーパーを詰めておくと

良いですよ。

 

先日、こんな可愛いグッズを見つけて

思わず買ってしまいました。

これをキャベツやレタスの芯に刺して置くだけで、日持ちが良くなるんです。

…爪楊枝数本刺して置くのでも良いんですけど、ネ。

コメントを残す