オリーブオイルの見分け方

オリーブオイルには、

『エクストラバージンオリーブオイル』と

『ピュアオリーブオイル』

というのが一般的ですよね。

 

この『ピュアオリーブオイル』というのは、

そもそも日本で作られた規格。

つまり『エクストラバージンオリーブオイル』

以外 という事なんでしょうか…。

 

IOCという世界基準で決められている

『エクストラバージンオリーブオイル』は

1.一番搾り(ほとんどが酸度を上げないため、

2.酸度0.8%以下

3.コールドプレス製法

4.あとはオレイン酸の含有量や食味、香りなど、

厳しくチェックされます。

 

とても厳しい品質検査や官能検査を経て、

与えられる最高峰のオリーブオイルです。

 

そんな高級なエクストラバージンを、

ポリ容器に大量に入れて安価に売るわけが

ないですよね。

お値段はもちろん、それなりにするのが当たり前。

が、高いからと言って、本物のエクストラバージンとは限らない、というのも聞きました。

う~ん、判断に困るじゃないですか…。

 

簡単な見分け方としては、以下をチェックすると

良いそうです。

 

1. 空輸されたものであるか。

(たいていはコストを下げるために 灼熱の

赤道直下を何カ月もかけて船で運ぶので、

酸化しているそうです)

2. 酸度0.8%以下か。(裏のラベルなどに

  明記されているものもあります)

3. コールドプレス製法 と書いてあるか。

4. 遮光瓶(グリーンの瓶)に入っているか

(オイルは酸化しやすいので、必須だそうです)

 

余談ですが、私のお気に入りのオリーブオイル

『キヨエ』は "一番搾りのオリーブジュース"

と謳っておきながら、透明のガラス瓶に入って

います。

不審に思い、直接問い合わせた所、

「絞ったままのオリーブオイルで 純度が高い為、

酸化しないから遮光瓶に入れる必要がない」

との事でした。 さすが!

 

これらをしっかり確認し、あとは 自分で

テイスティングしてみましょう。

良いオイルは 後味が油っこくなく、

少し苦みやピリッとした刺激があと口に残る

ものが多いです。

ちなみに、昔 1本¥10,000 というオリーブオイルを

テイスティングさせてもらった事がありますが、

ピリピリと とっても辛かった記憶があります。

ピリッとした刺激があるものは、オリーブの実が

若い(あまり熟していない)のだそう。

 

土が違うとオリーブオイルの味も変わるそうで、

お隣さんのオリーブ畑で摂れたオイルでさへ、

違うお味になるそうです。

イタリアでは自慢のオリーブを機械を使わず、

昔ながらの製法で圧搾で 熱を加えないように

丁寧に作られている農家さんも多いとの事でした。

日本でいう、手前味噌 のような感じで、

お家の味 というオリーブオイルが

あるのでしょうね。

 

奥が深いオリーブオイル、色々食べ比べするのも

面白いです。

ちなみに、オリーブとレモンを一緒に絞ったという

『レモンオリーブ』も 爽やかな香りで風味良く、

お勧めです。

 

 

 

コメントを残す