常識とは違う野菜の保存法 

野菜の保存方法、第2弾です。

 

常識とは違う・・・というのは、みんながしている事とは ちと違う、って事です。

野菜が残った時・・・たいていは袋に入れる。 ラップする。 ですよね。

 

でも、ラップしたり袋に入れてはいけない野菜もあるんです。

 

まずは『しょうが』 これは水にじゃぼんと浸けて保存します。

ラップに包んで保存すると、すぐにカビが来ますよ。

水に浸けるか乾かすか。どちらかが良いです。

 

次に長芋。

全部使い切れなかったとき、たいていは ラップするか袋に入れる。

というのが常識のようになっていますが…

そうすると 1~2日置くと茶色くなって 残念な事になりますよね。

そうしないためには

長芋は使い残ったら 切りっぱなしでそのまま

野菜室へ入れてくださいね。

そうすると 切り口は乾いた感じになりますが、

茶色く変色して 沢山切り捨てないといけない、って事は

ないです。

乾いているところを薄~く切り取ればOK。

 

あと、パプリカもですね。

使い残ってラップして保存すると、すぐに

切り口が ヌルヌルになってしまいます。

そうならない切り口にキッチンペーパーを当てて、袋に入れます。

そうすると、ヌルヌルしないで 数日はきれいな状態で使えますよ。

 

あとは・・・

たけのこ~。 ゆでたけのこが使い残った時、どうしてますか?

腐らす。

無理やり使う。

残るのが嫌だからなるべく使わない…。

 

これは常識ではありませんが・・・(笑)

 

ゆでたけのこが残った場合は 、お鍋にお湯とたけのこを

入れてグラグラ沸騰させます。

その熱々を 密封できる瓶(ジャムなどの空き瓶)に

お湯ごと満タン入れて、すぐに蓋を締める。

そうすると、真空の水煮たけのこ状態になり、

日持ちしますよ。

是非お試しください。

 

あと、もやしは 少し酢を入れた水に浸けて冷蔵庫保存します。

お酢を入れすぎると酸味が入るので、少しでOK.

お酢は殺菌作用もあるので、日持ちが良くなるんです。

それでも、置きすぎると しな~としてくるので、そうなる前に

使いましょう。

 

 

他に、ご質問などあれば、コメント欄に書いて下さいね。

 

 

 

 

コメントを残す