材料を使い切るためには

材料をいっぱい買っても、使い切れない…。

腐らせてしまう…。

なので、返って高くついてしまう…。

 

というお声を時々聞きます。

レパートリーがた~くさんあると、それはそれで

なんとか組み合わせで使い切ったり

できるんですが、

「作れるのは、これとあれと、これだけです」

なんてふうに限定になるとそうはいきませんよね。

 

結局 残りは毎回炒め物。

そんな時でも、 ですよ・・・

味付けを少し変えるだけで 違ったお料理に

変身するんです。

食材が若干違っても、味付けが同じだと

結局なんか、毎回同じ料理を食べてる感覚に

なるからです。

 

意外と見た目より味。舌は覚えてるんですね。

 

炒め物ならオイスター味にする。カレー味にする。

塩と最後にごま油 もシンプルで美味しいですよ。

食材によってはケチャップとウスターソース少し、

でナポリタン風の味付けもいけます。

味噌味も良いですね。

先日、神州一味噌様から サンプルで 味噌パウダー

という便利な調味料を頂きました。

(ただ今、お配りしています。無くなり次第

終了です)

炒めた材料に振りかけて使えます。

普通のお味噌ならべチャットするのが、

これならパウダーなので使いやすい。

お味噌汁にも使え、味の微調整も

できて画期的。

 

 

後の使い切り案として、なるべくまとめて

調理しておく。

例えば、煮物だったら 沢山まとめて作って、

毎日まいにち、来る日もくるひも それを

食べ続けるのではなく(笑)

アレンジして違うお料理にリメイクする。

 

肉じゃが⇒ つぶしてコロッケ、オムレツの具、

千切りキュウリやちくわなどをプラスして

マヨで和えて和風ポテサラにする 等。

 

かぼちゃの煮つけ⇒つぶして牛乳(豆乳)

でのばし、粉末のだしか洋風スープの素を入れて

ポタージュ風に。

玉ねぎやキュウリなどを足して カレーマヨネーズで

和えて かぼちゃのカレーサラダに 等々。

 

作り置きアレンジは 私の得意分野。

レシピ本もあります。

https://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/4862237223/ref=dp_olp_all_mbc?ie=UTF8&condition=all

(中古品も出ているようですが、できれば

栗田クッキングサロンからご購入下さると

嬉しいです)

 

2016年に 作り置きアレンジメニューという事で、

『奥さま手帳』という月刊誌に1年間連載させて

頂きました。

季節の食材を使って1品作り、それに少し手を加えて

違うお料理にする、というものです。

あいにく、教室にしかお見せできるものは

ないのですが、お越しの際に ご覧頂き、

是非ご参考にして下さいね。

 

 

 

 

コメントを残す