洗い物を減らす工夫

お料理を作る際、洗い物を減らすのは時短にもなるし、

効率が良くなるというお話をしました。

洗い物を減らすのに超大活躍なグッズ

(グッズと言って良いのか… 笑)

それは『牛乳パックです!』

 

と、自慢気に言いましたが 、「なんだ

こんなん、まな板代わりに使うよ。」

とおっしゃる方もいらっしゃると思います。

 

が、よくよく考えると、さっと洗って干しただけの

牛乳パックは、そのまま保存しているので、

残った乳脂肪分などが腐敗しているかも・・・。

実は衛生的ではないんです。

 

では、どうしてそれが大活躍なのかと言うと

 

『割(さ)いて使う』

 

これがポイントなんですね~。

最近の牛乳パックは、昔に比べると薄くなったせいか、

厚みを真ん中で割くのが少々難しいですが・・・。

 

割いて使うと何がいいかって、

割いた面は水分も油分も吸い取ってくれるので、

お肉やお魚の余分な水分を取ってくれます。

ついでにそのまま切るとまな板も汚れません。

ちょっとした揚げ物のバット替わりにもなるし

油揚げを油抜きした時に牛乳パックの割いたのに

取ると、残った油気も取ってくれ、

絞るときも手がギトギトになりません。

裏面は便利な防水加工になっていますしね!

 

という事で、私は長年 牛乳パック愛好家です(笑)

 

昔と違って、我が家も今や、牛乳の消費量もごくわずか。

なので、生徒様に寄付して頂いています。

スーパーで リサイクルボックスに牛乳パックを入れている人を

見かけると、使い方を伝授したくなります。(笑)

 

牛乳パックは再生紙になる、って事なんですが

お料理時短、洗い物ナシ、は自分にとってエコですよね!

コメントを残す