料理を美味しく作るには? 野菜編

前回、美味しく感じるのは 素材の持っている水分が

関係する、とお話ししましたが、野菜も同様です。

お肉やお魚などはす水分を抜くとパサパサして

旨味も抜けて美味しくないですが、

野菜の場合は逆で水分を抜いたほうが美味しくなります。

煮物やスープを作る時は、野菜の水分をしっかり抜く

事で甘味と旨味がアップしますよ。

特に玉ねぎは とことん水分を抜いていくと

最初の1/5ほどの量になってしまいますが、

驚くほど甘くなります。

オニオンスープが 良い例で、玉ねぎだけで

甘味も旨味もしっかりした 美味しいスープに

なるから、玉ねぎってすごいですよね。

 

パプリカやかぼちゃ、トマトなどもじっくり焼くと

とっても甘くなります。

なすびは水分のとても多いお野菜なので、

水分が沢山残ったままだと、

いわゆる、゛なす臭さ”があって、なすび嫌いの原因に

なってしまいます。

 

乾物もしかり、です。

椎茸なら、生よりも断然干し椎茸の方が 香りも強く、

味も濃いですよね。

切り干し大根、ドライトマトも同様です。

旨味だけでなく、栄養化も数段アップするんですよ。

 

保存も効くし、栄養価もアップする乾物。

もっと利用したいですね。

 

今月の家庭料理で 『切り干し大根のかき揚げ』

をしています。

切り干し大根、と言えば 煮物かはりはり漬け ・・・

と固定せず、いろんな形で頂くとまた違った

おいしさの発見があります。

 

良ければ是非レッスンにもお越しくださいネ♪

コメントを残す