好きになる食べ物

前回は ”食べ物の好き嫌い”について書きましたが、

今日は 好きな食べ物について

 

私は基本、嫌いな食べ物はありませんが、

敢えて自分から食べないものはあります。

が、それはよく考えると 自分が作り上げた勝手な

イメージからだったりします。

脂っこい=太る、身体に悪い、コレステロールの原因

 

逆に好きな食べ物は

味もそうですが、見た目がきれいだったり、

ヘルシーだったり、沢山食べても太らない、

お通じに良いとか…。

年齢を重ねると、沢山の食材を口にすることになりますが、

その間にいろんな知識も入ってきます。

私は今、何年も毎朝甘酒を飲んでいますが、

別に好きだから飲み続けているわけではなく、

一番の目的は『美肌』と『飲む点滴=栄養を摂る』

です。

そんな食材は沢山あります。

最初は効果目的で食べてても、それを食べ続けていく

うちに、その食材が好きになる。

 

子供の時は そういう味以外の知識はないので、

純粋に味と見た目で好きなものが決まります。

赤い、小さく丸い、甘い。

大概、子供はこの3ポイントに偏っているように

思います。

 

たまに、しぶい子供は『お漬物が好き』

とか、『するめに目がない』というお子様も

いらっしゃるようですが、きっと大人がおいしそうに

食べているのを見て、『これは美味しい食べ物なんだ

とインプットされたのかもしれません 笑

というわけで、味覚と感覚、脳は複雑に絡み合い、

つながっているという事になります。

楽しい雰囲気で、『おいしそう!』『身体によさそう!』

『絶対美味しいよね』と思いながら 頂くと、

いつもの食事も数段美味しく感じるかもしれません。

そう感じながら頂くと、身体への吸収も数段アップ

するかも。。。

『今日食べた食事は3日後の身体を作る。』

 

毎日の食事、そんな気持ちで頂きたいものです。

 

 

 

 

コメントを残す