魚の見分け方

小さい時、店頭に並んでいる魚は 総称して『お魚』

『貝』海藻は全て『わかめ』と呼んでいました。

「どうすれば魚の名前を覚えられるの?」

と 母に聞いていたような気がします。

大きさこそ多少違えども、どれも同じような顔をして、

ヒレがあって尻尾がある。

 

それが、だんだん大きくなるにつれ、一つゝ魚の名前を

覚えていったような気がします。

独身の時は まだそこまで魚の名前は知りませんでした。

 

が、やはり自分で買うと パックにかかれてある

値段を見、必然的に魚の名前を見て買う習慣が

ついたからだと思います。

そうやって自然に覚えていったような気がします。

 

見続ける、って 別に覚えなくても 自然にインプット

されるんですね。

お肉も、おおよそですが 部位がわかるようになりました。

牛肉の 和牛、国産、外国産に関しては、お肉の色

が微妙に違うので 大体見分けられるようにもなりました。

騙されませんで~笑

 

お店の人にとっては嫌な客なんでしょうが、

牛肉を買う時は、特に吟味してしまいます。

穴が開くほど見比べている時もあります。

ガン見して、結局買わない時もあります。(笑)

 

 

そんな事よりも、お魚の見分け方でした。

 

お魚を買う時は、よく『目が澄んでいるもの』

というのを聞かれたことがあると思います。

が、魚によっては、いつまでも つぶらな瞳で

キラキラ目の方もいらっしゃるんです。

濁ってきた頃は、かなりやばいぞ。ってな感じです。

 

どのお魚でも わかりやすいのは 『お腹を触ってみる』

固くハリがあれば新鮮な証拠。

でも、お腹にハリがある、というのは

内臓を出していないから分かるのであって、

スーパーなどでは、午後になると、たいてい

お腹を出して『調理済み』として売られています。

お腹から悪くなってくるので、先に出してしまうんですね。

『調理済み』にすると 持ちも良くなるので。

 

なので、パックに入って 既に『調理済み』と

なっている魚を見分けるには、

『ツヤがあるか』

 

人間と同じで、コラーゲンに覆われてるから

なんでしょうか…。

それが時間と共に"かさついた感じ”に。

5,60代ですね。

そうなると、刺身は無理です。

自分の事言われているようで痛いです。笑

 

まぁ、買う時は「新鮮ですか?」

ではなく、「お刺身できますか?」で

聞いて下さい。

 

「う~ん、できん事ないけど…」

~前日の魚 の可能性大。

「やめた方が良い」

~2日くらい経ってる。

と、私は勝手に判断します。

 

ちなみに、スーパーや魚屋さんの店頭に並んだ日が

魚の捕れた日、ではない事がほとんどです。

 

卸売市場にも、売れ残りというのがあって、

冷蔵庫に入れていたものを値段下げてスーパー

等に卸し、スーパーではそれを「今日入りたて」

と言っています。

もちろん、今日入ったんですけどネ。

 

なので、自分で見分けれるよう、

ガン見して、一つゝ確認して買う癖をつけると

失敗がないかも、です。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す