おいしい野菜の見分け方

お買い物に行って野菜を買う時、何を基準に選びますか?

「大きさで選ぶ」

「シャキッと新鮮なのを選ぶ」

「値段で選ぶ」

…どれも正解ですが、それだけでは不十分です。

それぞれ、野菜ごとに 見分ける方法があって、

ポイントを押さえるとより美味しいお野菜を

Get できますョ。

 

【にんじん】

◎ヘタの小さいものを選ぶ。

◎色の濃いものを選ぶ

ヘタの大きさ=にんじんの芯の大きさなので、

芯はなるべく小さいものが美味しいです。

あと、色が濃い=日によく当たっているので

カロテンも多く、味が濃いですよ。

 

【キャベツ】

◎高さが低いものを選ぶ

横から見た時、コロッと丸くなく、平べったいものが、

比較的柔らかくて美味しいです。

保存するときは芯の所に爪楊枝とかを刺して置くと

新鮮さが保たれます。(レタスも同様)

 

【大根】

◎ひげ根(点々と見える)がまっすぐに

並んでいるものが 甘味があって美味しいです。

ちなみに、葉っぱ付きは新鮮な証拠。

ですが、葉っぱはすぐに落としましょう。

少し残して切られている場合も 茎の部分は

きれいに切り取っておきます。

でないと、大根の栄養が葉っぱや茎に

取られてしまいます。

 

【かぼちゃ】

◎色が濃いものが断然美味しいです。

◎切ったものは上下の厚みにあまり差がないもの

を選びましょう。

◎持った時に見た目以上に重いものは

実が詰まっているので美味しいです。

◎丸ごと1ケ買う場合は、一か所 かぼちゃの

緑色が抜けている所を探し、その色が山吹色

の濃いものを選びます。(中身の色と同じです)

【白菜】

◎重くてがずっしり、底の面積が広い(円柱形のもの)

葉脈が左右対称のものを選びましょう。

白菜を保存するときも芯に楊枝を刺すか、切り込みを入れる

と新鮮さが保たれます。

丸ごとなら新聞紙に包んで保存。

ちなみに、白菜はとても水分が多いので、天日干しすると

旨味が凝縮されるし、日持ちも良くなりますョ。

 

良ければ参考になさって下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す