まだ食べれる?腐ってる?

毎日ジメジメ暑いですね。

こんな時期、これからもっと暑くなる時期に

なると気になるのは食中毒です。

冷蔵庫・冷凍庫神話で、冷蔵庫に入れてたり、冷凍してたら

大丈夫、という変な信用がありますが、冷たくても細菌は

動いているし、生きています。

なので、暑い時期は特に要注意。

冷蔵、冷凍する前に 既に細菌が繁殖してたりします。

なので、冷蔵庫に入れていても冬よりは 日持ちが悪いです。

 

時々、娘から「〇日前に作った○○(料理名)

まだ食べれるかな?」とか

「○日前に買った〇〇食べても大丈夫?」

という質問がきます。

 

そんな疑問って、状況によって違うので、

下手にネットに上げれないんですよね。

なので、調べても載っていない…。

 

じゃあ、どうやってまだ食べれるかどうかを

判断するのか。

 

まず一番目に確かめるのは におい。

次に 料理なら糸を引いていないか。

それでもわからなければ少し食べてみて

変な味がしないか…。としたい所ですが、その前に

一番わかりやすい見分け方があります。

 

一度温めてみるんです。

そうすると、一発で分かります。

お鍋やレンジで温めると 異臭がしてくるので、

腐っているものはすぐわかります。

においも変じゃない、となったら食べてみてください。

たいてい大丈夫だと思います。

それでも心配なら、殺菌力があるしょうがや酢

大根おろし、ねぎ、にんにく、玉ねぎ等…

と一緒にどうぞ。

 

が、その前にさっさと食べてしまうのがベストですね(笑)

 

 

 

 

コメントを残す