性格は食べもので作られる…?

『イライラ、しくしく、めそめそ

…これらのマイナス思考、

これって、性格ではなく、実は脳が栄養不足なんです。』

というお話を先日耳にしました。

 

そもそも、考えるのは脳。

プラス思考もマイナス思考も、結局は

脳で考え出した結果であって、それを

自分の性格と思っている。という事なんです。

 

私は常に、自分の都合の良いよ~に物事を解釈

する癖(?)があって、自分の事をプラス思考と

思っていましたが、

食べたものが関係していたんですね。

という事は 食べ物が良いんだ。(やっぱり自己都合?笑)

 

つまり、性格ではないので、食生活を変えれば

マイナス思考は変えられる。

逆に食生活が乱れると 考えや行動も マイナス傾向に

傾いてくるんですね。

 

研究でもわかっている事らしいですが、

『嬉しい!』『幸せ~』と感じている時は

"セロトニン”というホルモンが沢山

分泌されているそうな。

このセロトニンは アミノ酸とミネラルが身体の

中で結合して作られるホルモンらしいです。

という事は、

ミネラルが足りないと、幸せホルモンが作られないので

マイナス思考にしかならない。という事になるんですね。

 

人間は食べたもので 身体だけでなく、思考も

作られる、って事ですね。

食の大切さ、このような話は 中学生くらいの

必須科目に入れてほしいです!

 

全く使う事のない、ルートなんとか や

サイン、コサイン、タンジェント…何のこっちゃ?

そんな事を教え込む前に

一生関わっていく大切な食に関する知識、もっと

義務教育で取り入れてほしいものです。

 

世の中の人がみんなプラス思考になると、

荒んだ人間関係や犯罪もなくなるかも

しれませんね!

それを目指して コツコツ、『世に家庭の料理を広める』

これに私は 専念していきます。

 

コメントを残す