日焼け対策にもなる食べ物

さて、それは何でしょう?

 

夏になると気になるのが強い日差し…。

最近はオゾン層が破壊され、益々紫外線量が

強くなっているとかで、日焼けが気になります。

日焼けはシミの原因にもなるだけではなく、

しわ、たるみを引き起こし、肌を老化させます。

日中、戸外で仕事をされている方に見受けられる

深いしわは、光(紫外線)による肌の老化なんだそうですよ。

ひどければ皮膚がんの原因にも…。怖いですね~~。

 

日焼け防止には 日焼け止めクリームを塗るのが一般的ですが、

実は食べ物でも日焼け対策になるの、ご存じですか?

 

紫外線を浴びると 活性酸素が発生し、これが

肌を老化させるのだそうです。

その活性酸素を作らせない、または活性酸素で傷つけられた

細胞を修復してくれる働きが『抗酸化』です。

この『抗酸化力』が強いのが 『リコペン』

ビタミンEのなんと100倍以上もあるそうですよ。

 

夏はリコペンをたっぷり摂ろう!

 

という事で、リコペンたっぷりの食材。

答えは 『トマト』です。

 

そのリコペンは油と一緒に摂る、また加熱する事で

吸収率も良くなります。

また、皮の部分に多く含まれるので、皮つきのまま

調理するのがお勧めです!

 

手っ取り早い所で言うと、

トマトを厚めにスライスして、オリーブオイルでソテー。

これをトーストの上にのせ、その上に目玉焼き、チーズをかけて

チーズがとろけるまで焼く…。

ちなみに、ミニトマトの方が皮が多いので、その分リコペンも

多く含まれるので、お勧めです。

 

ラタトゥイユや トマト煮込み等、夏の間は特に

トマト料理、沢山召し上がって下さいね。

 

 

 

コメントを残す