毎日のお献立

先日、生徒様との会話の中で、

「毎日、お献立を考えるのが苦痛…」という話題が出ました。

確かに、

「何を作っていいか分からない」

「レパートリーがないから いつも炒め物になる…」

「今日何食べたい?って聞いて 『なんでもいい』

って言われると ムカつく…(笑)」

など、今までもよく耳にしました。

毎日“今日は何を作ろう”で頭を悩ませている人が

いかに多いか、って事ですよね。

 

私はどうしていたか、と振り返ると…

とにかく『冷蔵庫にあるもので組み合わせて作る』

という事しかしていませんでした。

レッスンで使い残った材料をひたすら消化しないと、

常に冷蔵庫が満杯なので・・・苦笑

 

「お献立はどうやって決めたらいいんですか?」

というご質問を頂き、私だったら・・・

という事でお話しましたので、ここにシェアさせて

頂きますネ。

 

今日は何を作る、って決まってないから悩むわけで、

初めから作るもの、お献立がある程度決まっていると

楽なんですよね。

気持ち的にも楽だし、動きもスムーズになり 時短にもなります。

で、いつそのお献立を決めるか、と言うと

 

“お買い物に行った時”

 

例えば特売になっているお肉やお魚、野菜等・・・

そんな中から組み合わせてまずメインを決め、

副菜もある程度考えておきます。

 

今はスマホで素材を数点入れるとメニューが出てくる

便利なサイトもあるので、そこで調べながら 作るものを

決めても良いですね。

 

2日に1回お買い物に行くなら2日分。

1週間に1回なら 3~4日分のお献立を決めてそれぞれ多めに買います。

そうすると、無駄な買い物も無くなるし、下ごしらえをするのも

まとめてできるから、時間の無駄もありません。

 

1週間分をまとめて買い物する場合は 多めに作っておいて

半分取り分けてリメイクする、という方法を取ると便利です。

 

少し作るのも、沢山作るのも、労力や時間はさほど変わらないので、

むしろ大量に刻む場合はフープロを使う事もでき、返って

時短になります。

 

そうやって、下ごしらえ段階で取り分けるか、

お料理を作ってから取り分けるかして、少し手を加えて

違うお料理にして 何食わぬ顔をして次の日とかに登場させるのです。

 

少しでも毎日の『今日なに作ろ…』から解放され、

毎日のご飯づくりが楽しんで作れるようになれば嬉しいです。

 

まとめて買い物して、作り置きリメイク料理で

1週間分のお献立を掲載した 私の著書、

『1週間使い切りレシピ』

1カ月のお献立を載せています。

良ければ 是非ご参考になさってくださいね。

(amazon で販売中)

・・・ちなみに、

教室でも販売しています。こっそりと(笑)

・・・宣伝苦手なので。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す