魚の名前

今日は認定料理教室の先生方の講習会でした。

約2カ月に一度、交流やスキルアップを兼ねて

レッスンします。

お魚捌きは必須で、あとは 冷蔵庫のありもの材料で

即興でメニューを考えて皆で作ります。

 

今日は 来月からの新ホームページの打ち合わせもあるので、

お魚捌きは1尾のみ、立派なハマチが手に入ったので、

交代で捌いて頂き、カルパッチョにしました。

あとは、鮎の塩レモンコンフィ、アボカドと長芋のサラダ、

ナスのミートグラタン です。

 

ところで、“ハマチ”というネーミングは関西だけらしく、

関東では“ワラサ”とか、“イナダ”と呼ぶそうです。

 

これは、ブリの少し小さい版。

もっと小さければ“ツバス”と言います。

これも、関東なら“ワカシ”

 

つまり、

【関東】 ワカシ→ワラサ→イナダ→ぶり

【関西】 ツバス→ハマチ→メジロ→ぶり

小さい時は違う名前なのに、最終的には

同じ名前になる、というのも面白いですね。

ちなみに、ぶり と呼べるのは80㎝を超える

ものだけだそうです。

このように 大きくなるにつれて名前が変わるものを

『出世魚』と言います。

 

出世魚は、他にスズキあります。

セイゴ→フッコ→スズキ

これも、地域によって フッコをハネとも

呼ぶそうです。

 

とにかく、お魚にはとてもたくさんの名前が

ありますね。

地域によって呼び名が変わったり、大きさに

よっても違う名前がついていたり…。

 

肉は『牛肉』『豚肉』『鶏肉』でひとくくり

されてるのに…笑

それだけ、日本人には 昔から『魚』になじみが

深いという事なんでしょうね。

 

最近は面倒だからか、魚離れの傾向が

あるそうです。

身体にもよくてヘルシーなお魚、焼くだけ、

ではなく もっと沢山の調理法をお伝えして、

もっと身近な食材になってほしいものです。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す